“新米”の読み方と例文
読み方割合
しんまい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「僕はこいつを知っている。この山内に野宿している新米しんまいの子持ち乞食だ。あの洋服を着せられているのは、こいつの子供なんだよ」
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
とその店の女中のうちで一ばんの新米しんまい、使いはしりをつとめていた眼のすずしい十五六歳の女の子に、そう言って元気をつけてやった。
狂言の神 (新字新仮名) / 太宰治(著)
眼を開いて見るとタッタ今噂をしていた柳井副院長が、新米しんまいらしい看護婦を二人従えて、ニコニコしながら近づいて来た。
一足お先に (新字新仮名) / 夢野久作(著)