“黙読”の読み方と例文
読み方割合
もくどく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたりをはばかって、豆八がとりだした一枚の紙片を、ランプの光で黙読した。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
べつに一学にせられてきた菊亭晴季書状からさきに黙読した。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
康頼 (黙読し、成経に渡す)
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)