“黄権”の読み方と例文
読み方割合
こうけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところへ呉の使者として諸葛が来たのである。玄徳にはもう会わないうちに呉の肚は読めていた。しかし黄権がしきりと
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところへ蜀の太守劉璋の密使として、黄権がこの国へ来た。ちょうどその日楊松は黄権と密談する約束だったので、弟を邸に待たせておいて、彼の客館を訪問した。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いやいや黄権が魏に降ったのは、呉軍のためまったく退路を遮断されて、行くにも戻るにも道がなくなったからであろう。黄権われを捨つるに非ず、朕が黄権を捨てた罪だ」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)