“高麗犬”の読み方と例文
読み方割合
こまいぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ガラッ八の八五郎は、二人の間へ割ってはいって、どうやらこうやら引離し、二頭の高麗犬のように平次の前にえました。
二人が帰って行く道は、その路傍石燈籠や石造の高麗犬なぞの見いださるるところだ。三を有しの上に踊る三宝荒神のように、まぎれもなく異国伝来の系統を示す神のもある。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ガラツ八の八五郎は、二人の間へ割つてはひつて、何うやら彼うやら引離し、二頭の高麗犬のやうに平次の前にゑました。