“風師山”の読み方と例文
読み方割合
かざしやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、風師山へ登れば船島の磯の松すら見える。とは分らいでも、その日のお船手の固めや、豊前、長門の両岸の、物々しい有様を見るだけでも」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
風師山のいただきを、強い風のわたっているのが、海鳴りのように聞える。二百十日が近づいた、その前ぶれかも知れない。遠くで、風の合間を縫って、汽笛が鳴る。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
門司の町屋、風師山の山のも、明らかに望まれた。そこら辺りに群れって、見えぬものを見ようとしている群衆が、のかたまりのように黒く見える。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)