“顕紳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんしん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“顕紳”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
物々しい顕紳けんしんの客とは違い、雑人門ぞうにんもんのくぐりをそうっと押して、音もなく、奥へおとずれた母子おやこの客がある。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
細くはあるが切れの長い眼、小さすぎるほど小さい唇、呉服は京あたりの顕紳けんしんの姫とは、おのずから異った地方豪族の息女の、質朴の美しさを備えていた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)