“頂天”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てっぺん66.7%
ちょうてん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“頂天”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただし、潜水兜せんすいかぶととちがっているのは、その頂天てっぺんのところに、赤い一本の触角しょくかくのようなものが出ていて、これがたえず、ぷりぷりといや顫動せんどうをつづけているのだ。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「場所もあろうに、頭の頂天てっぺんに孔を空けられて、それでいて抵抗も苦悶もした様子がないなんて——。こんな判らずずくめの事件には、ひょっとすると、極くつまらない所に解決点があるのかも判らない。時に君は、手口に何か特徴を発見したかね?」
後光殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
彼等は頂天ちょうてん立地りっち何の恐るゝ処もない赤裸あかはだかの英雄である、原人げんじんである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)