“面變”の読み方と例文
新字:面変
読み方割合
おもがは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明白に、嫌惡、恐怖、憎惡のはれた表情が、殆んど面變りするまでに彼の顏をませた。しかし、彼はたゞかう云つたゞけであつた——
男は嫌はれてゐるために益々うつくしく見えるとふ反射作用をここで見つけることが、この女に二重の面變りをさせてゐることをちらと見入つた。
はるあはれ (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
つむじまがりの幽靈は面變りして
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)