“靖”の読み方と例文
読み方割合
やす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼この時において、寡婦孤児をけ、以て内外の大難をんず、千載の下、れか彼の精誠を諒するものぞ
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「サア。(若先生)のあとは、ちょっとありませんね。ドングリばかりで……」
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
もしや信号を読み違えたでは無いか、もしや火星世界の望遠鏡が地球のより劣っているでは無いかなどと、しかして殆ど人心がり掛けた所であった。ちヒマラヤ天文台が再報告を発した。
暗黒星 (新字新仮名) / シモン・ニューコム(著)