“雑賀隼人”の読み方と例文
読み方割合
さいかはやと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上にも、鎌倉からは、長井遠江守、長崎孫四郎、南条高直、雑賀隼人らが、ぞくぞく応援のため、軍兵をつれて上洛もしている今。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
新田義貞はじめ、武田、塩冶、結城、宇都宮、名和そのほか、これにおる者の手兵だけでも……。いや、雑賀隼人、加賀の前司信宗、土佐守兼光らなど、指を折ればまだまだ多い。味方は万を
雑賀隼人、長井遠江の二名こそよからんと、みな申しますので」
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)