“陳震”の読み方と例文
読み方割合
ちんしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうきまったので、河北から使者にきて長逗留していた陳震はなんら得るところなく、追い返されてしまった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「袁紹の臣で陳震と申すものです。一日もはやくこの地をのがれて、河北へ来給えとお言伝てでございます」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
袁紹の重臣陳震が、書を載せて、呉へ下ったのはそれから半月ほど後のことだった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)