“ちんしん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
陳震50.0%
沈呻16.7%
鎮信16.7%
陳軫16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「袁紹の臣で陳震ちんしんと申すものです。一日もはやくこの地をのがれて、河北へ来給えとお言伝ことづてでございます」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうきまったので、河北から使者にきて長逗留していた陳震ちんしんはなんら得るところなく、追い返されてしまった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼女は、娘の描いた、おとなしい絵を手にとって眺めて沈呻ちんしんした。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
兵器船舶の整備を急がせると共に、黒田長政、小西行長、加藤清正をして、肥前松浦郡名護屋なごやに築城せしめ、更に松浦鎮信ちんしんをして壱岐風本かざもと(今勝本)に築かしめた。
碧蹄館の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
昭陽楚の将として魏をち更に斉を攻めた時、弁士陳軫ちんしん斉を救うためこの喩えを説き、昭陽にいくさめしめた。