“陪従:ばいじゅう” の例文
“陪従:ばいじゅう”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“陪従:ばいじゅう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
春秋の北山の御遊には、いつも、行幸輦みゆきぐるまは、ふた夜も、三夜みよもとどめられるので、相互の陪従ばいじゅうのおあるじに供する二人も、その間じゅうは、花の闇で、忍び会いもし、または昼は昼で、花ふぶきのうたげむしろや、舞楽見物のどよめきの中やらで、思うざま、恋を味わうことができた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)