“閣老”の読み方と例文
読み方割合
かくろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その次第は外国の公使領事から政府の閣老又は外国奉行へ差出す書翰を飜訳するめである。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
致仕したひととはいえ三家の長者、前副将軍黄門である。閣老側衆たりとも甚だしくあつかい難いのである。ことに春雷一震のような畏怖をおぼえたのは大奥の女人国だったにちがいない。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
評定所の十四人衆から、閣老てて、連名で提出した意見書は
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)