“鋒子先”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きっさき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋒子先”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
飯篠いいざさ長威斎直家の直門諸岡一羽の直門弟土子土呂之介に学んだ剣。殺気鬱々たる鋒子先きっさき、プンと血生臭く匂いそうだ。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)