“鋒杉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほこすぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鋒杉ほこすぎ稜線りょうせんのうえに、まっ青な空がひろがり、それを突きさすように高く伸びあがったマストの頂きで、虹色の旗がヒラヒラと風にひるがえっている。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
群を抜く鋒杉ほこすぎが見えると思うと茜色に梢を染められ、それがまた非常に鮮かに虚空にうかんで見える。
茸をたずねる (新字新仮名) / 飯田蛇笏(著)