“鈍骨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どんこつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鈍骨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
沈着、明眸めいぼう、ことば静かに話してなどいると、ひき込まれるような魅力があり、真に惚々ほれぼれする侍だが、わしはむしろ中国武士の鈍骨どんこつを愛する。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
錢形平次は八五郎の鈍骨どんこつあはれむともなく、かう言ふのでした。