“金更紗:きんさらさ” の例文
“金更紗:きんさらさ”を含む作品の著者(上位)作品数
薄田泣菫1
“金更紗:きんさらさ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
節倹家しまつやの八郎右衛門は、その日も一寸した外出着よそぎしか着てゐなかつたが、光琳は風流な金更紗きんさらさの羽織をはおつて澄ましてゐた。二人は葵橋のたもとに立つて祭の行列を待つてゐた。