“金張:きんばり” の例文
“金張:きんばり”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
“金張:きんばり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
竜之助は、朱羅宇しゅらうでも、金張きんばりでもない、ただの真鍮しんちゅうの長煙管で、ヒタヒタと自分の頬をたたきながら、我と我身を冷笑するのは、今にはじまったことではありません。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)