“邪魔物”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じゃまもの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“邪魔物”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
猫を追いだすようにこの睡眠の邪魔物じゃまものを遠ざけるわけには行かない。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
天性てんせい、石なげのみょうをえた蛾次郎が、邪魔物じゃまもののない頭の上からねらいうちするのだからたまらない、さすがの燕作も手むかいのしようがなく、あわてまわって、竹童のからだを横わきに引っかかえるやいな、小山のぐちへむかって、一そくとびに逃げだした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)