途中みちなか)” の例文
途中で拾うた赤い布片なぞを持って帰ってやりますとこの花子が……この娘の名前で御座います……コイツが有頂天も無う喜んでおりましたそうで、その喜びようが
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)