“逆撫”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さかな100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“逆撫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そんなことを臆面おくめんもなく言つて顎のあたりを逆撫さかなでにする八五郎です。
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
兄は折角素直に生ひ立つた妹の愛すべき性格を知らない他人に、みだりに逆撫さかなでさせたくないといふ真意から、また勇吉は自分が自分とはまつたく性格の反対なこのナイーヴなロマン性の娘を兄に代つて護り育てられる資格と自信を持つたものだから歳子の授受の内容には極めて親切で緊密な了解が働いてゐた。
夏の夜の夢 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)