“赤鞘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あかざや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“赤鞘”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『長年の友達だ。貴公と、俺とは、共に、浅野家に仕官しない前からの知己ちきだ。槍の郡兵衛と貴公はいわれ、俺は、赤鞘あかざやだの、呑ンべ安だのと云われた頃からの仲間だった』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「僕は赤鞘あかざやの安兵衛てんです。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)