“貴生川”の読み方と例文
読み方割合
きぶかは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貴生川を經て汽車を利して柘植に𢌞り、そのまゝ上野に出るか、或は土山より昨日の道をまた關に戻るか、それは其時の心の赴くままになし、再び名古屋
伊賀、伊勢路 (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)