“負戦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まけいくさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“負戦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「首領、わが怪塔ロケット隊は、おもいがけない負戦まけいくさに、一同の士気はさっぱりふるいません」
怪塔王 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「君は今すでに腹の中で戦いつつあるんだ。それがもう少しすると実際の行為になって外へ出るだけなんだ。余裕が君を煽動せんどうして無役むえき負戦まけいくさをさせるんだ」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)