“諸堂”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょどう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“諸堂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
奥の院から御供寮ごくりょう、それから大神宮に東照宮三光堂と、七堂伽藍どうがらん支院しいん諸堂しょどう残らずをくまなく尋ねたが似通った年頃の詣で女はおびただしくさ迷っていても