“調室”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しらべしつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“調室”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その騒ぎのうちに所内に臨時の調室しらべしつが出来、僕たちは片っぱしから判事の取調べをうけた。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)
惨死体ざんしたいを乗せた電車は、そのまま回避線かいひせんへひっぱり込まれ、警視庁からは大江山捜査課長一行が到着し、検事局からは雁金かりがね検事の顔も見え、係官の揃うのを待ち、電車をそのまま調室しらべしつにして取調べが始まった。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)