“言足”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いひた66.7%
いいたし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“言足”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
上﨟じやうらうどの、」と坊主ばうず言足いひたす。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
口早くちばや言足いひたした。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「しかも立際に一所に成ッて高笑いをした」ト無慈悲な記臆が用捨なく言足いいたしをした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)