“解褐”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいかつ50.0%
かつをとき50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“解褐”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
霞亭解褐かいかつの年は、わたくしは岡本花亭の尺牘に本づいて辛巳となした。花亭は壬午九月四日に「去年福山侯の聘に応じ解褐候」と云つてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
わたくしは此年天保癸卯に関藤藤陰が解褐かいかつしたことを記して、藤陰と関五郎との同異の問題を覆検した。そして二人の同一人物なる証拠を江木鰐水の日記中に獲た。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
岡本花亭は霞亭を村尾源右衛門に紹介するに当つて、「君子の才行器識あり、うたもよみ候、曾而かつて嵯峨に隠遁いたし候を茶山老人に招かれ、備後黄葉山廉塾をあづかり、去年福山侯の聘に応じ解褐かつをとき候」と云つてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)