“蝟:たか” の例文
“蝟:たか”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本かの子2
“蝟:たか”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
自分がもしそれを持ったなら、まるで、変り羽毛の雛鳥ひなどりのように、それを持たない世間から寄ってたかって突きいじめられてしまうではないか。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「折角、人が心で何か純真に求めかけると、俗物共は寄ってたかって祭の踊子のように、はたからかねや太鼓ではやし立てる、団扇うちわあおいで褒めそやす。これで芸術なんてものがはぐゝめるか孚めないか、たいてい判りそうなものだ」
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)