“蕪大根”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ナヴェ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕪大根”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「フランスには蕪大根ナヴェしかないんだそうですけど、ほんとうね。あんなずんぐりした大根、日本にはないものなんでしょう」
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そこであたしが大きな声でゲラゲラ笑ったので、ナチ・マニアの親子がひどく感情を害し以来〈蕪大根ナヴェ派(フランス派)〉と〈馬鈴薯カルトーフェル派(ドイツ派)〉の対立が激化することになった。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)