“葡萄染:ぶどうぞ” の例文
“葡萄染:ぶどうぞ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“葡萄染:ぶどうぞ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わけても袖無そでなし羽織は、舶載はくさいの織物らしく、豪華な模様に金襴きんらんの裾べりを縫い、裏には羽二重をつけ、ひもにまで細かい気をつけて、葡萄染ぶどうぞめのかわがつかってある。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR