“落合:おちあひ” の例文
“落合:おちあひ”を含む作品の著者(上位)作品数
岸田国士1
“落合:おちあひ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
田代 南京領事館の落合おちあひさ。君の手紙をもつて、先生のところへ呶鳴り込んだつていふんだ。日本人は見下げ果てた人種だつて云つたさうだ。
昨今横浜異聞(一幕) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)