“荘館”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
シャトウ50.0%
シャトオ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“荘館”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蒼白い光芒の中に浮び出すその荘館シャトウというのは、※[#「※」に傍点]門は崩れ鉄扉は錆び、前面の壁は頂銃眼クレノオのあるあたりまで、猫蔦ねこつたの茂るにまかせた見るからにすさまじいさながらの廃墟
籠手こてをかざして眺むれば、キャンヌの町を囲むレステレエルの山の斜面の裾から頭頂いただきまで、無数に散在する粋で高尚な荘館シャトオ別荘ヴィラ——その間では
コン吉はせんかた泣く泣く、大きな帽子箱と鞄とラケットを両手にさげ、とぼとぼとタヌのあとについて荘館シャトオの横手に廻ってみると、大公におかせられては、いまや、けやきの大掛矢を振い勝手口の階段の横について、石炭を汲み入れる二尺四方ほどの鉄扉に対して大破壊を行なっている様子。