“花鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなばち66.7%
ヴェース33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてもとの花鉢をのぞき込んで、葉陰にかくれた木札を見つけ、かなで書いた花の名を一つ一つ大きな声で読み上げた、その読み方がおかしいので皆が笑った。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
花鉢のやうにしづかにとどめ
藍色の蟇 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)
白い大理石の欄干の四隅には大きな花鉢が乗っかって、それに菓物やら花がいっぱい盛り上げてあった。
(新字新仮名) / 寺田寅彦(著)