“花鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなばち66.7%
ヴェース33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花鉢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そしてまくらもとの花鉢はなばちをのぞき込んで、葉陰にかくれた木札を見つけ、かなで書いた花の名を一つ一つ大きな声で読み上げた、その読み方がおかしいので皆が笑った。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
看護婦は毎朝これらの花鉢はなばちを室外へ持ち出して水をやってくれた。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
石の階段を上って行くと広い露台のようなところへ出た。白い大理石の欄干らんかんの四隅には大きな花鉢ヴェースが乗っかって、それに菓物くだものやら花がいっぱい盛り上げてあった。
(新字新仮名) / 寺田寅彦(著)