“翠蛾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すいが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“翠蛾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あ……。あの人は、見たことがある。白拍子の翠蛾すいがさんの旦那さまや。奥州の吉次とかいう人によう似ているがの」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「燈りとなったら、また飲んで遊ぼう。翠蛾すいがにも来いといえ。ほかにいるおんなたちもみんな呼び集めろ」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)