“置鯉”の読み方と例文
読み方割合
おきごい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には、きのう草心尼が心をこめた立花置鯉が飾られ、ふたりの前には、熨斗三方、向い鶴の銀箸、それにの吸物などが供えられた。次に、媒人のあいさつ。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)