“練來”の読み方と例文
読み方割合
ぬひきた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眞先に押立大縮ら熨斗目麻上下にて馬上なり尤も若黨四人長柄草履取合羽駕籠等相添へ右の同勢にて八山をに/\と呼り數寄屋橋を指て練來るしかるに往來の横々は木戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)