“緑裾濃”の読み方と例文
読み方割合
みどりすそご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし段段田が遠く傾いて行くにつれ、早苗の緑は次第にその間隔を失い、山裾の方は緑一色で、つまり緑裾濃の大景観が展けている時もある。そんな季節の時には、空にはかっこうが鳴いている。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)