“総頭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そうがしら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“総頭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「おそれ入ります。何せい、総頭そうがしらおし大蔵だいぞうが、一昨日来、消えてしまいましたので」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なアんだ、そんなところか。広言どおり、まんまと捕手の総頭そうがしらを召捕ッたぜ。さあ、料理はこれからだ。……何濤かとう、つらを見せろ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)