“総常”の読み方と例文
読み方割合
そうじやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿債せずとやらでもある、か毛武総常の水の上に度〻遊んだ篷底の夢の余りによしなしごとを書きつけはしたが、もとより人を酔はさうも無い、書かずともと思つてゐるほどだから
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)