“維昔”の読み方と例文
読み方割合
むかし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
維昔天孫豊葦原を鎮め給いしより、文化東漸し、今や北海辺隅に至る迄億兆しく至仁皇沢に浴せざるものなし。我が一家亦世々其恵を受け、祖先の勤功と父母の労苦とに由り今日あるを致せり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)