“続飯”の読み方と例文
読み方割合
そくい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今のヤマトが一般に普及する前は、子供が何かる場合も、ひめ糊がなければ続飯を用いたものである。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
乾はチラとそのあとを見送ると、竹箆をとりあげて、ゆっくりと続飯を練りはじめた。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
彼はまるで続飯づけになった様に、いつまでたっても節穴から離れようとはしない。
猟奇の果 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)