“絹眞田”の読み方と例文
新字:絹真田
読み方割合
きぬさなだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
苦惱にんだ女の左手に握つたのは男物の羽織の、その頃流行つた太く短い絹眞田で、爭ふはずみに引き千切つたらしく、紐の耳にはり取つたばかりの乳が付いて居ります。