“絹本”の読み方と例文
読み方割合
けんぽん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは必ずしも大努力を払ったものばかりとも限らず、絹本もあったり紙本もあったり、形なども一様でなく、随意に自由にある方がよいと思います。
双語 (新字新仮名) / 上村松園(著)
……何故ともなしに……そうして絹本を表装した分厚い画帳を恐る恐る繰り拡げていたように思う。
けむりを吐かぬ煙突 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
描いてあるのが紙本の場合と絹本の場合とで、薄美濃とか雁皮などの、じかに貼る肌裏や、中裏、増裏など、それぞれ表に合った性質の紙を使わなければならないし、もちろん手漉きだから
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)