“絶間無”の読み方と例文
読み方割合
たえまな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蛋白石色薔薇の花、後宮香烟につつまれて土耳古の皇后、蛋白石色薔薇の花、絶間無さすりの、おまへの心はしたたかに滿足した惡徳の深い安心を知つてゐる、僞善の花よ
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)