“絵伝書”の読み方と例文
読み方割合
えでんしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上泉伊勢守の新蔭堂に遺した自筆の絵伝書などは、永禄年間の風俗画として観るも興味がふかく、筆致も巧いものだということを聞いている。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)