“経略”の読み方と例文
読み方割合
けいりゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたかも彼がシベリヤの極東オコツク海岸に達したるの時にして、爾来満州をし、黒竜江の両岸をし、機に臨み変に応じ、経略止むなく
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
あそこの府境の城に、経略(城代の官名)として国防の任に当っているお人は、老种と申されますが、その部下には、都で拙者が棒鎗を教えた者がたくさんおります。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
我邦における犬公方の名ある疎胆雄略の綱吉が将軍職にきたる明年(天和二年、一千六百八十二年)にんでは、彼得大帝位にき、遠馭長駕、経略の猛志さらに百尺竿頭一歩を進め
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)