“経惟子”の読み方と例文
読み方割合
きょうかたびら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
経惟子」にてびつくりして後へさがり、二重に腰をかく。「何人の」にて刀のむねを左の平手に当てて構ふ。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)