“経囘”の読み方と例文
読み方割合
へめぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さえ飯島を手に掛け、金銀衣類を奪い取り、江戸を立退き、越後の村上へ逃出しましたが、親元絶家して寄るべなきまゝ、段々と奥州路を経囘りて下街道へ出て参り此の栗橋にてい付き